歯が痛い

歯痛の種類と対処法

歯痛に悩まされている方は多いかと思いますが、ひと言で「歯痛」と言っても、症状は少しずつ異なります。
以下で歯痛の症状と対処法をご紹介するので、ご確認ください。
あくまで一例なので、「同様の症状ではないから」と安心せず、どのような症状でも必ず歯科医院を受診するようにしましょう。

歯痛の種類1
冷たいものや熱いものがしみるが、すぐに痛みが消える
歯痛の種類2
冷たいものや熱いものがしみて、痛みがしばらく続く
歯痛の種類3
治療後、歯が痛んだりしみたりする
歯痛の種類4
噛んだときに、鈍い痛みや違和感がある
歯痛の種類5
何もしていなくても、激しい痛みを感じる
冷たいものや熱いものがしみるが、すぐに痛みが消える

冷たいものや熱いものがしみるが、すぐに痛みが消える

痛みの原因は「知覚過敏」の可能性があります
対処法

歯磨きのしすぎでエナメル質がダメージを受けたり、歯周病で歯肉が下がったりすると知覚過敏になる場合があります。
まずは知覚過敏用の歯磨き剤を使用して歯を磨き、1週間ほど様子を見て、それでも痛みが治まらない場合は歯科医院を受診しましょう。

冷たいものや熱いものがしみて、痛みがしばらく続く

冷たいものや熱いものがしみて、痛みがしばらく続く

痛みの原因は「虫歯」の可能性があります
対処法

虫歯は放置すると進行してしまうので、すぐに歯科医院を受診しましょう。進行が進んでいる場合には、歯髄の治療が必要になります。

治療後、歯が痛んだりしみたりする

治療後、歯が痛んだりしみたりする

痛みの原因は「歯髄炎」の可能性があります
対処法

虫歯を削る際に発生する熱で、歯髄がダメージを受けた可能性もあります。また、最初に虫歯治療を行なったときに患部を取り残してしまい、詰め物の下で進行している可能性があります。
1週間ほど様子を見て、痛みが治まらなかったり強くなっているような場合には、再治療が必要になることもあるので、担当の歯医医師に相談ください。

噛んだときに、鈍い痛みや違和感がある

噛んだときに、鈍い痛みや違和感がある

痛みの原因は「歯根の破損」の可能性があります
対処法

歯根の破損、虫歯、噛み合わせの異常、根管の病気が起きている可能性があります。
すぐに歯科医院で検査を行ない、原因を追究する必要があります。

何もしていなくても、激しい痛みを感じる

何もしていなくても、激しい痛みを感じる

痛みの原因は「歯根の病気」の可能性があります
対処法

高確率で歯根の病気になっています。
応急処置として市販薬で痛みを抑え、なるべく早く歯科医院を受診しましょう。

PAGE TOP

Copyright © 梶が谷の歯周病治療なら花村歯科医院